産地直送の経営戦略

企業から消費者への経営


トップ
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

BtoB企業経営のBtoC戦略

一般にBtoBの企業経営者は、BtoCマーケティングは費用対効果が薄いと考えがちです。しかし、実際にBtoBの得意先の購買担当も、一般社会においては一消費者となります。したがって、メディアを通じて取引先の情報を得ることは有益で、それが社会貢献度の高いものであればより好意的に受け止められます。しかし、だからといってBtoBの経営者が、BtoC企業のように広告に投資することはできません。そこで現在注目を集めているのが、CSRマーケティングです。マーケティング活動の中にCSR活動を織り込み、広告ではなく広報を通じて社会性をアピールする手法で、多くの企業が取り入れています。

注目が高まっているBtoC

ここ数年において、インターネットの急速な普及により企業の経営戦略においてBtoCに非常に関心が集まっているのです。BtoCとは、企業が市場に提供している商品やサービスを直接顧客へ提供するビジネスを指し、今企業はインターネット上におけるビジネスを拡大しているのです。これに該当する主なビジネスがオンラインショップとなっており、今このようなオンラインショップをインターネット上に開設する企業が増加しています。これに伴い現在では利用者の数も非常に上昇しており、企業の経営戦略にとっても重要度が高まっているのです。

HOME | SITEMAP

© Copyright 企業から消費者への経営. All rights reserved.