分析でわかる経営状況

経営戦略課題に役立つ分析


トップ » 経営戦略課題に役立つ分析
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

経営学での3Cとは?

経営学のマーケティングでは3Cという用語があります。これは、Customer、Competior、Companyの3つから頭文字をとったもので、企業が今どのような状況に置かれているかを、分析するために必要なものとなります。Customerを分析すると、市場の規模、成長性が分かります。Competiorを分析することで、ライバル会社の製品との違いや、その製品にはない利点を発見することにつながります。また、Companyでは、自社の経営状況を把握することができます。3Cを分析してみることで、今後企業はどういった方向に進めばいいのかが分かります。

マーケティングに有効な3C分析

3C分析とはマーケティング分析の分野で活用されていたものが、幅広く経営分析の分野でも使われるようになった手法です。Custmer(顧客・市場)Competitor(競合)Company(会社・自社)の三つの分野の頭文字のCからとっています。市場において自社や各セクションがどのような経営環境に置かれているかを分析し、課題の発見や戦略の発案に活用できるフレームワークです。企業の事業内容によってはChannel(流通チャンネル)を加えた4C分析やContext(状況・文脈)など加える5C分析なども存在しています。

HOME | SITEMAP

© Copyright 企業から消費者への経営. All rights reserved.