経営を成功させるには

経営の企業間取引の重要性


トップ » 経営の企業間取引の重要性
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

経営の基本知識として

経営が上手く行くかどうかは企業間取引を上手に構築できるかどうかが重要です。ビジネスの形には色々なものがあります。最も基本的な取引は個人間取引を示すCtoCと呼ばれます。Cとは個人を意味します。これに対してBはビジネス、企業を示します。従ってBtoBは企業間取引のことです。小売業やサービス業ではBtoCという直接個人に何らかのサービスを提供することがありますが、取引の多くはBtoBと呼ばれる企業間取引です。経営の基盤となるのはどのような取引を行っているかです。たとえ個人にサービスを提供するとしても、その素材に関しては企業間取引で運営するのが一般的です。

必要になるBtoBの再構築

ここ数年においてBtoCに関するビジネスが急速に拡大していく中で、BtoB戦略の見直しが経営戦略の中で非常に重要となっています。BtoBとは企業間で行われる取り引きとなり、従来から長く行われているビジネス形態です。一般的にこのようなビジネス形態においては、製造元である企業が販売会社や代理店へ商品やサービスを提供し、これら販売会社や代理店を経由することによって消費者への販売が拡大されます。このようなビジネス形態に関しては、製造元である企業と販売会社や代理店といったパートナー企業との信頼が非常に重要となっており、情報化が進みさらに複雑になる現代経済においては経営戦略の一部として再構築が必要となっているのです。

HOME | SITEMAP

© Copyright 企業から消費者への経営. All rights reserved.